交通事故解決事例一覧|なんば交通事故相談室 大阪の後遺障害等級・示談金相談

HOME > 交通事故 交通事故解決事例一覧

交通事故 交通事故解決事例一覧

  属性(年齢)
主な争点
当初(弁護士依頼前)の認定等級(自賠責)
主な傷病
(弁護士)受任後の異議申立による認定等級 加害者側
提示金額
解決した
金額
UPした
金額
備考
1 58歳/男性/公務員
頸椎捻挫で難聴になる。医学的因果関係が争い。
9級9号相当(最初から)
頸椎捻挫
  250万円 1,650万円 1,400万円 大阪地裁
2 54歳/女性
休業損害
損害額
低収入であったことが争点
12級7号   0円 954万
5,960円
954万
5,960円
交通事故紛争処理センター
3 23歳/男性/会社員
特殊な後遺障害
後遺障害等級評価が問題となった。全身やけど熱傷痕(身体の約50%)自賠責、併合11級
自賠責等級12級14号×6部位   331万円 4,198万1,294円 3,867万1,294円
裁判で併合8級特殊後遺障害※皮膚を臓器に準じ9級11号を認定し、醜状障害・知覚障害等の12級を認定し、併合8級とした。
全身やけど特殊後遺障害
大阪地裁
4 64歳/女性/主婦
後遺障害の医学的因果関係
過失割合
14級10号
(頚推捻挫)
10級10号
(肩腱板損傷)
75万円 1,636万1,708円
+386万円 (自賠責異議申立回収分)
1,947万1,708円 大阪高裁
5 49歳/男性/会社員
過失割合と将来の年金損害(未受給分)
    自賠責保険金以外0円 (2自賠の保険金で6,000万円支払われるため過失相殺すると0円と提示がある) 1,930万8,881円 1,930万8,881円 交通事故紛争処理センター
6 60歳/男性/パート
狭路に駐車車両があったため、道路の残余幅員が狭められていた。そのため加害車が道路の左端ぎりぎりを走行したところ、被害者(歩行者)が撥ねられた。
被害者には加害車に撥ねられたことによる重度障害(1級)が発生。
雇い主労災未加入
労災障害1級3号認定
※業務中の事故であるのに雇い主が労災未加入のため労働災害を争う。 労災1級3号の認定を受けた。
    過失相殺すると、既払額及び自賠責後遺障害分3,000万円以外に支払い分なし 2,552万5,688円 2,552万5,688円 調停(大阪簡裁) 労災不加入のケース 労災保険を適用させ労災年金で救済された。
7 20歳/男性/学生
過失割合
損害額
1級3号     1億1,327万9,801円 1億1,327万9,801円 交通事故紛争処理センター 
8 30歳/女性/看護婦
顔面醜状があるが、醜状は12級15号に該当する程の大きさではなく非該当とされる。
3歯喪失で14級2号のみ認定
    自賠責以外0円 286万
4,261円
  大阪地裁訴訟にて12級程度の慰謝料認定
9 24歳/女性/家事手伝
胸郭出口症候群
過失割合
※加害者側の無過失主張
併合12級(鎖骨変型12級5号、14級10号の右肩部の神経症状) 2つの自賠責保険とも併合11級 (右肩部神経症状が14級10号から12級13号に変更され、既認定の鎖骨変形の12級5号との併合により併合11級に上昇した) 0円 1,700万円 1,700万円 大阪地裁
10 19歳/男性/アルバイト学生
腕神経損傷
後遺障害
過失割合
併合8級
右上肢の機能障害(9級相当)と骨盤骨の変形(12級5号)
併合5級
新たに脊柱の著しい運動障害6級5号に認定されたため等級が上昇した。
1,867万8,437円 7,980万8,100円 6,112万9,663円 大阪地裁
11 54歳/女性/兼業主婦
後遺障害
非該当
(頚椎捻挫)
14級10号 2自賠責保険支給分以外0円 450万円 600万円〔450万円+(75万円×2)〕 大阪地裁堺支部
12 21歳/男性/会社員
過失割合 T字路を被害者右折、加害車直進
10級8号
(下肢短縮)
  既払い分以外0円 1,600万円 1,600万円 大阪地裁
13 17歳/女性/学生 後遺障害なし 9級10号
(高次脳機能障害)
64万円 1,770万9,389円
〔自賠責9級(616万円加算)〕
2,322万9,389円 交通事故紛争処理センター
14 53歳/男性/自営業
後遺障害の医学的因果関係
主たる傷病は頚椎捻挫となっていたが別医院で診てもらった結果、肩腱板損傷であることが判明
2自賠とも後遺障害非該当 2自賠とも10級10号 0円 2,500万円   交通事故紛争処理センターで解決せず、大阪地裁で訴訟になる
15 17歳/男性/学生
後遺障害の程度
2自賠とも3級3号、9級9号の併合2級 2自賠とも併合1級が認定された。咀嚼障害6級2号が別途認定されたため等級が併合1級に上昇した。 0円   820万円 交通事故紛争処理センター併合2級から併合1級に認定等級が上がった
16 58歳/男性/会社員
高次脳機能障害(9級10号)の有無
12級12号
(神経症状)
高次脳機能障害9級10号(裁判による認定)
和解
200万円 2,880万円 2,680万円 大阪地裁
17 34歳/男性/会社員
加害者任意保険未加入
過失割合
12級12号
(神経症状)
10級11号、12級12号の併合9級
既認定の12級12号以外に足関節の可動域制限(10級11号)が認定され併合9級に上昇した。
自賠責以外0円 937万円

後遺障害等級12級→9級
自賠責後遺障害分UP額392万円
さらに加害者側から545万円の追加賠償額を獲得

937万円 大阪地裁
18 50歳/女性/会社員
後遺障害の等級
非該当 14級10号(頚堆捻挫)
0円→75万円にUP
0円 75万円 75万円  
19 49歳/男性/自営業
過失割合と将来の年金損害(未受給分)
12級12号(腰椎椎間板ヘルニア) 9級10号に上昇した。馬尾神経損傷が認められた。 0円
既払い額以外になし
2136万8,390円

後遺障害等級12級→9級
自賠責後遺障害分UP額392万円
さらに加害者側から1,744万8,390円の追加賠償額を獲得

2,136万8,390円 大阪地裁
20 69歳/男性/会社員
加害者側自賠責保険なし
加害者側に自賠責保険なしのため、非認定 政府保障8級 後遺障害分0円 2,145万6,345円

後遺障害等級非認定→8級
自賠責後遺障害分UP額819万円
さらに加害者側から1,326万6,345円の追加賠償額を獲得

2,145万6,345円 大阪地裁
自賠責保険未加入事案
21 64歳/男性/自営業
後遺障害の程度
3級3号
(高次脳機能障害)
1級3号
高次脳機能障害など
0円
自賠責保険後遺障害保険金以下の提示
5,604万9,292円

後遺障害等級3級3号→1級3号(高次脳機能障害など)
自賠責後遺障害分UP額781万円
さらに加害者側から4,823万9,292円の追加賠償額を獲得

5,604万9,292円 交通事故紛争処理センター
22 25歳/男性/会社員
損害論
悪質事故態様で傷害慰謝料が重傷基準で計算された   1,100万円 2,720万円 1,620万円 交通事故紛争処理センター
等級変更なし
23 44歳/男性/自営業
介護費用の定期金賠償
※原付で道路横断中無免許運転の自動車に衝突された。加害者側保険会社主張過失割合は被害者側70%だったが、被害者側35%で和解。道路横断中のヘルメット着用の有無、横断態様が原付の運転とみなせるかどうかが争点。
1級3号   0円
自賠責1級分4,000万円以外なし
6,095万1,600円
上記以外に別途介護料の定期金賠償金が認められている。
6,095万1,600円
平均余命年数に達するまでの介護費用
大阪地裁・過失割合・介護費用・余命年数(植物状態)
24 87歳/男性/無職
(本件事故により死亡)
(1)過失割合
交差点での出合い頭事故
被害者自転車運転中の事故。一時停止義務なし。 加害車(自動車)一時停止義務を怠る。
    自賠責以外0円
高齢のため逸失利益等少なく、過失相殺すれば自賠支払分のみでそれ以外は0円
1,380万円 1,380万円 大阪地裁
25 16歳/未成年/男性
争点:被害者は運行供用者であるため自賠責保険非適用と判断される。
自賠責保険適用
非該当
自賠責保険適用
後遺障害11級認定
なし 331万円 331万円 自賠法3条不適用を適用に変更
26 44歳/男性/会社員
争点:自賠責の認定が頚椎後方開放術による脊柱の変形(11級7号)
11級7号 8級2号
脊柱に運動障害を残すもの
      現在係争中

▲ページ上部に戻る

運営事務所みまや法律事務所

弁護士 御厩 高志(大阪弁護士会所属)
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4難波末沢ビル7階
【フリーダイヤル】
0120-258-308
【受付時間】
月曜〜木曜 AM9:00〜PM6:00
金曜 AM9:00〜PM5:00
上記時間外、対応者不在時は
06-6643-3904で留守番電話対応させていただいております。
※土曜・日曜・祝日はフリーダイヤル対応していません。
また、メールでの相談受付は24時間受付しています。
当HPからの相談内容送信もご利用ください。
FAX:06-6643-1194
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土・日・祝日
アクセスマップ
>>アクセスマップを見る