示談金の増額について|なんば交通事故相談室 大阪の後遺障害等級・示談金相談

HOME > 交通事故 示談金の増額について

交通事故 示談金の増額について

交通事故 賠償金等(示談金...etc)について

「保険会社が提示する示談金額が適正なものなのか?」
この疑問を持つことなく示談に応じる被害者の方も多くいます。しかし、あなたがこのサイトを尋ねてこられたのは、何か疑問があったからではないでしょうか?もし、何かすっきりしないということであれば、当事務所にご相談ください。

53歳 男性 自営業のケース

当初 後遺障害非該当と認定

異議申立後10級10号が認定される当初、頚椎捻挫であったのが、別医院で診断を受けた結果、腱板損傷であることが判明した。交通事故紛争処理センターで解決できず訴訟移行し、判決が下された。その結果、2,500万円の賠償金を得ることができた。

このケースでは、当初、頚椎の捻挫との診断がなされていたため、後遺障害非該当との自賠責の審査結果となりました。その後、当事務所で受任後、別医院で診断を受けた結果、腱板損傷であることが判明し、自賠責に異議申し立てした結果、10級10号の後遺障害が認定されました。
また交通事故紛争処理センターでの話し合いを続けましたが、折り合いがつかず、最終的に裁判となり、最終的には賠償金として2,500万円の支払いを加害者に命ずる判決が下されました。
このように、交通事故で被害者自身の身体に受けた被害が正確に診断されてない場合もあります。医学の知識のない被害者では、このことを医学的に説明することなど、ほとんど不可能です。
この被害者の場合は、「(被害者自身に残った)正確な障害を診断できる医師」との出会いがあったことも、適正な賠償金獲得の転機となりました。当初の後遺障害非該当のままであれば、この被害者は、受けた被害に見合う賠償を受けられないままに、その後の人生を過ごしていくことになっていました。

このケースでもそうですが、一人で悩んでいるだけでは、自身の受けた被害に見合う賠償を受けることはできません。
経験豊富な弁護士に相談することで解決策が発見できることが多々あります。
「きちんとした賠償を受けれらていない」、「示談金はこれでいいのだろうか」と感じたときは、当事務所にご相談ください。

主な交通事故取り扱い事例

主な交通事故取り扱い事例をご覧ください。

運営事務所みまや法律事務所

弁護士 御厩 高志(大阪弁護士会所属)
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4難波末沢ビル7階
【フリーダイヤル】
0120-258-308
【受付時間】
月曜〜木曜 AM9:00〜PM6:00
金曜 AM9:00〜PM5:00
上記時間外、対応者不在時は
06-6643-3904で留守番電話対応させていただいております。
※土曜・日曜・祝日はフリーダイヤル対応していません。
また、メールでの相談受付は24時間受付しています。
当HPからの相談内容送信もご利用ください。
FAX:06-6643-1194
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土・日・祝日
アクセスマップ
>>アクセスマップを見る